〒160-0022
東京都新宿区新宿5丁目13-10上州屋ビル7F
営業時間:9時~18時(土日祝除く)

研修・コンサルティングならおまかせください。

他社比較

医療・介護に専門特化した研修・コンサルティングなら
株式会社コンクレティオ。

価格 医療介護業界の実績 指導ジャンル(領域) 医療介護現場精通 事業所に応じたカスタマイズ 教育体系構築サポート フォローサービス 全国での実績 在籍
講師数
コンサル
ティング
サービスへの移行
コンクレティオ
(医療介護専門
社労士事務所併設)
普通 多い
(専門特化)
多い
現場経験者が講師を行うため受講者の関心も高い。現場の問題解決と言う視点から多種多様な指導テーマを保有。
状況次第でプログラムをカスタマイズしたり現場に講師を常駐させたりコンサルティングへ移行したりと解決プロセスも豊富。
研修会社A
(大手・ブランドあり・総合型)
高い 普通 多い
豊富な実績と講師陣を抱えている。指導テーマも豊富だが全体的に費用は割高なケースが多い(医療介護業界の実績や業界に詳しい講師がどの程度いるかがポイント)。
また既存プログラムで実施するため事業所ごとにカスタマイズするのが難しい場合がある。
研修会社B
(大手・中堅
テーマ専門型)
高い?
普通
少ない 少ない
豊富な実績とテーマの専門講師陣を抱えているが、全体的に費用は割高なケースが多い(医療介護業界の実績や業界に詳しい講師がどの程度いるかがポイント)
また既存プログラムで実施するため事業所ごとにカスタマイズするのが難しい場合がある。
研修会社C
(中堅・総合型)
普通 少ない 多い ×
大手程の実績はないものの、費用はリーズナブルなケースが多い。医療業界の実機が豊富あるいは現場に詳しい講師がいればお勧め。
柔軟性のある研修会社も多く、プログラムのカスタマイズも柔軟に対応してくれるケースが多い。
価格 医療介護業界の実績 指導ジャンル(領域) 医療介護現場精通 事業所に応じたカスタマイズ 教育体系構築サポート フォローサービス 全国での実績 在籍講師数 コンサルティングサービスへの移行
フリー講師
(一般)
安い 少ない 少ない × ×
費用は安いが業界に詳しくなく一般的な研修になりやすい。講師の力量次第ではあるが一般的内容で問題がないテーマであればお勧め。
また、個人事業主という点で、代替がきかなく指導分野も限定され組織的なサービスも期待しにくい。
フリー講師
(医療介護系)
普通?
安い
多い
(専門特化)
少ない ×
費用も安く業界に精通している点はお勧め。ただ特定テーマに限られるケースが多く、体系的に指導できる講師は少ない。
また、個人事業主という点で、代替がきかなく指導分野も限定され組織的なサービスも期待しにくい。
価格 医療介護業界の実績 指導ジャンル(領域) 医療介護現場精通 事業所に応じたカスタマイズ 教育体系構築サポート フォローサービス 全国での実績 在籍講師数 コンサルティングサービスへの移行
役所・団体
(医療介護系)
安い 多い
(専門特化)
多い × × × × ×
費用の安さはダントツ。単発研修や専門講師の研修会はお勧め。ただ講師のレベル・専門性にかなりのばらつきがあり、講師間のコンセンサスもないため体系的・継続的教育には不向き。
事業所ごとにプログラムをカスタマイズするのも難しい。
(社労士等の)
士業事務所
(一般)
安い 少ない 少ない ×
近年、社労士等の士業が人材育成を行うケースが多い。費用は安いが、指導テーマが狭く一般的なヒューマンスキル系研修が多いため、現場で必要かどうかの検討は必要。
医療介護現場を理解しているか否かも選択のポイントになる。
  • ※指導ジャンル・・・接遇やコミュニケーションから認知症や看護学などの教育テーマ。接遇というジャンル一つを考えても、指導者育成や問題解決、意識改革、モチベーション、目標設定等様々な教育テーマが密接に関係してい来るため、指導ジャンルの広さは重要と考えられる
  • ※医療介護現場精通・・・同じ接遇やコミュニケーションという研修テーマでも医療介護現場に精通していれば、事例や重視するポイントが大きく変わってきます。医療従事者に飲食店の事例を用いて説明しても当事者感覚を持てず、期待する研修効果は得られません
  • ※カスタマイズ・・・・大病院と診療所、急性期と慢性期、特養とサ高住、あるいは教育を継続的に行っている事業所と全く初めての事業所では同じ研修テーマであっても、プログラム内容をカスタマイズしなければ、より高い研修効果を出すことはできません。そのためにも事業所ごとにプログラムをカスタマイズする必要があります。
  • ※フォロー・・・・研修の実施だけでなく、研修前後のアンケート調査、その統計分析、マニュアル作成や研修委員会等への参加など、研修前後の部分のフォローが研修効果を飛躍的に高めますので、このフォローはとても重要な部分になります。

PAGE TOP